SPDペダルのオーバーホール

応援よろしく! コメントもお待ちしてます。
  • いいね!(0)
  • あるある~(0)
  • どんまい!(0)


友人が15年前の地層から発掘したという、年代物のSPDペダル。
シマノ PD-M515 というもの。現行型と形もほぼ一緒で側面のデザインにSPDのロゴが入ってるくらいです。
ただ、かなり使われたもので古いため、右側は回転させるとゴリゴリします。
指でペダルを叩いて回転を見ても、半回転がやっと。

ってことでオーバーホールしていきましょう。


分解にはこれが必要。安いところだと100円くらいで売ってるようですが、私は幕張イオン内のサイクルテラスで200円ほどで購入。


手で押さえて回そうとしたのですが、ムリ!!
ってことで、諦めてガレージに移動してバイスにはさみました。


そして、モンキーで回します。
右側は逆ネジで、左は正ネジ。この工具に回す向きが書かれています。が、、、刻印は裏にも書いてくれないと見にくい(^^;;
流石にバイスにはさんで回したらあっけなく回りました。


先端部分を10mmのスパナで押さえて、上側を7mmのラチェットで回す作戦でしたが、、、


このKTCのスパナが厚くて、7mmのラチェットが噛まない(ーー;)


反対側に6mmのアーレンキーを刺して、7mmのラチェットで外すことに成功。


私はベアリングをネオジム磁石でくっつけておきます。
なくさないし、簡単にベアリング球を取り出せます。

古く劣化しまくってるグリスを拭き取り、ブレーキクリーナーで洗浄します。


そして、グリスを塗って組み付けます。玉押しの調整をして、ガタがなくスムーズに回転すればok

そして、組み立てて回転させてみてビックリ!
オーバーホール前は半回転がやっとだったのに、かなり回るようになりました。

その動画はこちら