[MGデスティニーガンダム制作記(製作依頼品)]#05 上腕の改修&仮組み開始

応援よろしく! コメントもお待ちしてます。
  • いいね!(0)
  • あるある~(0)
  • どんまい!(0)



上腕の改修をしました。左側が素組み状態で右側が改修後です。

どうも上腕が丸いのが気に入らなくて、大幅に形状を変更しました。

この後、面取りしてC面を作ります。

作業は、適当にポリパテを盛ってだいたいの形状を出した後、左右の両側に0.3mmのプラ板を貼って、ニッパーでカット。その後隙間にアルテコをつめて面だしをしました。

その後溶きパテを筆で塗って、再度研ぎ出し。とりあえず大まかな形だけ作って仮組みを進めます。

細かい修正はまたあとで・・・





これは、腕のフレームです。左の写真をご覧ください。ひじ部分にパーティングラインがありますね?

結構、目立ちます。ここは装甲をつけても露出する部分なので、きちんと処理をします。

パーツの向きが逆なのはご愛嬌(^^;





これは指のパーツです。

まず各部にパーティングラインが目立ちます。指の上下にできているパーティングラインはデザインナイフのカンナがけで処理します。しかし、この側面・・・ パーティングラインをただ消すだけでは、モールドがしょぼいですよね。

実は親指や人差し指はもっとちゃんとしたモールドなんです。ってことで、一度パーティングラインもろとも、間接のモールドも消してしまいます。それから新たにモールドを彫りなおしました。

それが、一番右の写真。ちなみに、指を分割して5本独立稼動するようにはしていません。

どうしても、武器類の保持が難しくなりますし。切り離して独立稼動させたところで、だから何?という感じもしますので・・・ 1/60クラスのように、さらに間接で曲がるなら話は変わりますが。。。

もち手は平手もついてきますしね。





赤丸で囲った部分のように面出しを行ってシャープにしていきます。

しかし、パーツ数が多いです。やっても効果の薄い箇所は軽く処理して終わりにしてしまいます。

胸や、肩などのパーツはきちんとやるとシャープなイメージでカッコいいですよね。






応援よろしく! コメントもお待ちしてます。
  • いいね!(0)
  • あるある~(0)
  • どんまい!(0)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする