1/100エクシア制作記・9日目]頬のスリット作成

応援よろしく! コメントもお待ちしてます。
  • いいね!(0)
  • あるある~(0)
  • どんまい!(0)





今回、やろうかどうか非常に悩みました。

相当小さなパーツですし、私の今の技術できれいにできるのか?という疑問もありました。

しかし、やってみないことには前に進みませんので、思い切ってやってみました。



まず最初に悩んだのは、スリットをどうするか?

市販されているモールドプラ板を使うのもいいのですが、買いに行くのが面倒。そして、こんな部分でも自作してみたい・・・

身近な物でなにか使える物がないか・・・といろいろ物色していたら・・・

ありました。CDやDVDのケースの側面です。

ただ、そのままでは使えません。素材の関係上クラックが入りやすいのと厚みがありすぎること。

ということで、これをモールドに光硬化パテを使ってこのモールドを写し取ります。

硬化を待っている間に頬パーツの穴あけです。エッチングソーと自作の超小型ノミを使って切断しました。





そして、いきなり完了の図(笑)

左が加工前、右が加工後です。結構違い出ますね。





ボディに取り付けた状態です。いい感じですね。

右の写真は頬のスリット部分のみ、ノギスのメモリの上に置いてみました。

この目盛りからもわかると思いますが、非常に小さいです。

削ってはパーツに当ててサイズをみて、また削るということを繰り返してサイズを合わせました。





シールドや頭のパーツなど、肉抜き穴を埋めました。しかし、今回は右手に装着する大きなソードに関しては肉抜き穴を埋めないことにしました。埋めてしまうとどうしてものっぺりしてしまうということもあり、メリハリをつけるという意味でソードと、腕に関しては肉抜き穴を埋めないことにしました。

正直、埋めるのは頭のパーツだけでよかったかな?という感じです。

もともと、私は肉抜き穴もモールドという風に考えてきたので、好き嫌いが分かれるところではありますが・・・

では、なぜ今回は埋めたのか? それは偉大な先人達の作例をみていると結構埋めてらっしゃる・・・じゃあ私もという感じでした。しかし、やってみるとどうも好みに合わない・・・(^^;

頭の耳部分を埋めたのは結構いいと思うのですが、このシールドは後でサフを吹いた時にこのモールドの模様もなくなってしまうので、のっぺりしてしまい好みに合いませんでした。、ソードや腕のパーツはまだ埋めてなかったのでそのままにしておきます。


今回作業時間327分

総作業時間18時間54分

応援よろしく! コメントもお待ちしてます。
  • いいね!(0)
  • あるある~(0)
  • どんまい!(0)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする