[MGストフリ制作記]#14 左手の製作1

応援よろしく! コメントもお待ちしてます。
  • いいね!(0)
  • あるある~(0)
  • どんまい!(0)




最近、このやり方が自分に合ってるような気がしてきました。
全体を作ってから一気に塗装する方が効率はいいのでしょうけど、ちょっとずつ出来上がっていくのを見ながらの方がテンションが最後まで維持できます。
ってことで、ストフリの左腕から作っていくことに!
ちょっと表面が荒れているところがありますが、乾燥後に修正していきます。

ゴールド部分の塗装です。結構この色好きかも・・・
フレームも塗らなきゃ・・・

応援よろしく! コメントもお待ちしてます。
  • いいね!(0)
  • あるある~(0)
  • どんまい!(0)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. フルちぇ より:

    Unknown
    ゴールドの色いいですね(・∀・)
    自分はピュアブラック→スーパーゴールドでやりましたw

  2. あさやん より:

    Unknown
    よく、シルバー系やゴールド系、特にメッキシルバーなどは下地にブラック吹くのがいいと言われていますよね。

    私もメッキシルバーを吹くときは下地にブラックを吹いて場合によってはコンパウンドまでかけます。

    今回のストフリは、実はそこまで気合いを入れて作る気はないのです(^^;
    初めてのレジンキットということもあり、様子をみつつ、とりあえず作ろうという感じ。

    でも、実は下地にブラックを塗装してもしなくても大して差は出ません。
    見比べればわかるかもしれませんが、実際には隠蔽力がかなり強いため下地は大して意味ないと考えています。

    ちなみに、メッキシルバーで過去に実験したところ見分けつきませんでした・・・
    塗膜の厚さにもよりますよね。薄く、下地がうっすら見えるような塗装する人には効果ありますが、普通に吹いたら下地色はほとんど関係ないかと・・・

    しかし、レジンキットはそれほど難しくはないですが、きちんと作るとなるとかなりの根気が必要ですね。
    全パーツ面出しをしないとわずかに凸凹があります。
    この辺がプラキットとは大きく違いますね。
    プラスチックはなめらかな面で、ヒケを処理するくらいですが、レジンは違います。(^^;

    とりあえず、今回は面出しは目立つところだけにしてサクサク作ってみるつもりです。